シフトチェンジ

ロードバイクのドロップハンドルには、シフトチェンジをするための機構があります。
これは右側と左側のハンドルにそれぞれ付いていて、前輪と後輪のギアの調整をすることができるものです。
軽くするときにはシフトダウンをして、ギアを一段重くするときにはシフトアップをすればいいのです。
ロードバイクを乗りこなすためにも、操作方法を習得しておく必要があります。

ロードバイクのシフトチェンジ機構は、長く使っていれば劣化してきます。
買取を依頼するときには、ギアの状態は重要な査定ポイントになります。
日頃から適切な手入れをして、シフトワイヤーの交換も定期的に行うことも大切です。

初心者には手入れが難しいため、最初は販売店などでメンテナンス方法を教えてもらうようにします。

政治 趣味 社会 シフトチェンジ シフター サドル 手入れ タイヤ コンポ ロードとクロス   はがき