転貸について

法律でいえば、また貸しはなんら問題ありません。
ただしいろんな成約が出てくるので注意が必要です。
賃貸の支払い義務はその建物や土地の所有者であって、
その所有者は不動産の登記簿で確認ができます。

例えば所有者がなくなり、事実上子供さんがその建物のオーナーになっても
不動産登記上、まだ亡くなった父親さんになっていれば、支払い義務が発生しない等の
トラブルも発生してしまいます。

どんなことも知っていると知らないでは大違い。
賃貸とか。不動産とか。
難しいと敬遠しているけれど。
賃貸を借りている人は多いのだから。

知らないでは済まされないことも多いです。
トラブルも後を断ちません。
それを避けるためにも、最低限の知識は必要です。

 

京都メディアのSEO対策は素晴らしい
確かな効果が期待できます。

政治 趣味 社会 シフトチェンジ シフター サドル 手入れ タイヤ コンポ ロードとクロス   はがき