賃貸の種類について

賃貸といっても本当に多岐にわたります。
・建物の一部(一室を貸す)を住居として貸す。
・住居でなく事務所としての使用を認める場合。
・建物だけでなく内装も貸す場合いわゆる居抜物件。
・今はやりのウィークリーマンションやマンスリーマンション
など建物以外を貸すケースも多く見受けられます。

こういった建物以外のものを貸し出すときは、
現状回復の旨をきちんと説明する必要があります。
退去時のトラブルってけっこうあります。

それがけっこう大事な気がする。
どこまで
誰が
責任をおうのか。
退去時に思いがけない金額の回復費を取られたりするトラブルがよくあります。

だから最初の時点でしっかり契約内容を詰めておくことが大切。
後味が悪いのって嫌ですもんね。
ややこしいけれど、後々のためにはっきりとさせておきましょう。


政治 趣味 社会 シフトチェンジ シフター サドル 手入れ タイヤ コンポ ロードとクロス   はがき